045-222-8623

03-6279-1537

管理会社変更について、このような情報を載せているサイトです

マンション管理会社受託戸数ランキング 2016

マンション管理新聞社が年に1回発表しているものです。
順位付けの基準は明快で、受託戸数の比較となっています。

事情を知らない人には、管理会社が人気順で並んでいる、と映るかもしれませんがそういうことではなく、 大抵は親会社が販売するマンションの管理をそのまま任せてもらっているだけです。 管理組合から支持されて戸数を増やしているわけではありません。

マンション管理会社受託戸数ランキング(2016年)
順位 社名 受託戸数 受託組合数 平均戸数 戸数増減
1 大京アステージ 426,482 7,536 57 +1,765
2 日本ハウズイング 425,026 7,881 54 +14,078
3 東急コミュニティー 324,421 4,964 65 +6,158
4 三菱地所コミュニティ 297,657 3,906 76 +114,760
5 長谷工コミュニティ 260,572 2,207 118 +6,952
6 大和ライフネクスト 249,018 3,731 67 +8,768
7 三井不動産レジデンシャルサービス 197,308 2,258 87 +6,137
8 合人社計画研究所 188,400 3,583 53 +6,072
9 住友不動産建物サービス 179,640 2,253 80 +6,244
10 日本総合住生活 158,676 754 210 +2,955
11 コミュニティワン 149,636 3,008 50 +8,312
12 野村不動産パートナーズ 146,160 2,049 71 +7,412
13 穴吹コミュニティ 103,613 1,943 53 +2,199
14 グローバルコミュニティ 83,282 1,882 44 +3,043
15 伊藤忠アーバンコミュニティ 77,058 955 81 -1,019
16 あなぶきハウジングサービス 75,400 1,527 49 +10,802
17 近鉄住宅管理 62,776 683 92 +1,606
18 大成有楽不動産 60,468 796 76 +159
19 ナイスコミュニティー 59,669 1,137 52 +277
20 MMSマンション
マネージメントサービス
54,234 849 64 +161
21 浪速管理 53,467 559 96 +392
22 日本管財 52,848 868 61 +5,301
23 日鉄コミュニティ 47,418 526 90 +1,219
24 総合ハウジングサービス 43,487 400 109 +107
25 ライフボート西洋 43,343 1,078 40 +1,271
26 長谷工スマイルコミュニティ 41,738 730 57 +594
27 東京建物アメニティサポート 39,503 435 91 +1,890
28 日本住宅管理 39,052 726 54 +1,324
29 ホームライフ管理 38,540 570 68 +354
30 レーベンコミュニティ 37,230 691 54 +2,378
31 明和管理 36,472 771 47 +939
32 関電コミュニティ 36,374 452 80 +6,753
33 三井不動産レジレンシャルサービス関西 36,367 452 80 +461
34 住商建物 32,341 320 101 +668
35 IUCコミュニティライフ 30,991 306 101 -1,212
36 互光建物管理 30,369 319 95 +320
37 西新サービス 29,273 628 47 +4,486
38 ユニオン・シティサービス 28,778 685 42 +69
39 日神管財 27,682 655 42 +513
40 阪急ハウジングサポート 27,101 300 90 +295
41 双日総合管理 26,635 230 116 +490
42 マイムコミュニティー 26,388 542 49 -82
43 伏見管理サービス 25,198 605 42 +1,432
44 あなぶきセザールサポート 23,208 668 35 +1,281
45 ダイワード 22,718 631 36 -41
46 マリモコミュニティ 21,454 349 61 +469
47 日本ビルサービス 21,320 313 68 -589
48 名鉄コミュニティライフ 20,465 311 66 +5,007
49 スカイサービス 20,318 509 40 +348
50 エスリード管理 18,693 244 77 +1,443

4位の『三菱地所コミュニティ』は『三菱地所丸紅住宅サービス』と合併し、大きく受託戸数を伸ばしました。
32位の『関電コミュニティ』は旧名、『アーバンサービス』。
35位の『IUCコミュニティライフ』は旧名、『大阪ガスコミュニティライフ』。
37位の『西新サービス』は旧名、『日立ビルシステム』。
39位の『日新管財』は旧名、『日新管理』。
48位の『名鉄コミュニティライフ』は前年の『名鉄不動産』との比較。

マンション管理会社受託戸数ランキング(2015年)
順位 社名 受託戸数 受託組合数 平均戸数 戸数増減
1 大京アステージ 424,717 7,536 56 +7,754
2 日本ハウズイング 410,948 7,596 54 +14,771
3 東急コミュニティー 318,263 4,893 65 +13,044
4 長谷工コミュニティ 253,620 2,140 119 +4,223
5 大和ライフネクスト 240,250 3,651 66 +92,763
6 三井不動産レジデンシャルサービス 191,171 2,219 86 +5,343
7 三菱地所コミュニティ 182,897 2,533 72 +4,779
8 合人社計画研究所 182,328 3,474 52 +7,706
9 住友不動産建物サービス 173,396 2,233 78 +3,853
10 日本総合住生活 155,721 745 209 -2,324
11 コミュニティワン 141,324 2,833 50 +1,781
12 野村不動産パートナーズ 138,748 1,996 70 +7,362
13 三菱地所丸紅住宅サービス 108,519 1,318 82 +1,677
14 穴吹コミュニティ 101,414 1,900 53 +30,542
15 グローバルコミュニティ 80,239 1,900 42 +3,215
16 伊藤忠アーバンコミュニティ 78,077 966 81 +1,349
17 あなぶきハウジングサービス 64,598 1,298 50 +2,048
18 近鉄住宅管理 61,170 662 92 +1,553
19 大成有楽不動産 60,309 798 76 +921
20 ナイスコミュニティー 59,392 1,141 52 +1,825
21 MMSマンション
マネージメントサービス
54,073 836 65 +75
22 浪速管理 53,075 556 95 +181
23 日本管財 47,547 784 61 +3,035
24 日鉄コミュニティ 46,199 519 89 -505
25 総合ハウジングサービス 43,380 399 109 +198
26 ライフボート西洋 42,072 1,033 41 +933
27 長谷工スマイルコミュニティ 41,144 719 57 +889
28 ホームライフ管理 38,186 571 67 +145
29 日本住宅管理 37,728 699 54 +500
30 東京建物アメニティサポート 37,613 402 94 +818
31 三井不動産レジレンシャルサービス関西 35,906 446 81 +822
32 明和管理 35,533 752 47 +744
33 レーベンコミュニティ 34,852 657 53 +2,495
34 大阪ガスコミュニティライフ 32,203 315 102 -1,524
35 住商建物 31,673 316 100 +808
36 互光建物管理 30,049 316 95 -265
37 アーバンサービス 29,621 377 79 +1
38 ユニオン・シティサービス 28,709 679 42 +364
39 日神管理 27,169 634 43 +684
40 阪急ハウジングサポート 26,806 290 92 +2,338
41 マイムコミュニティー 26,470 543 49 +168
42 双日総合管理 26,145 220 119 +67
43 日立ビルシステム 24,787 567 44 -4,196
44 伏見管理サービス 23,766 571 42 +1,890
45 ダイワード 22,759 631 36 +453
46 あなぶきセザールサポート 21,927 638 34 +1,208
47 日本ビルサービス 21,909 313 70 +1,893
48 マリモコミュニティ 20,985 340 62 +731
49 スカイサービス 19,970 500 40 -230
50 エム・シー・サービス 17,809 499 36 +73

5位の『大和ライフネクスト』は『ダイワサービス』と合併し、大きく受託戸数を伸ばしました。
13位の『三菱地所丸紅住宅サービス』は、旧名が『丸紅コミュニティ』。
14位の『穴吹コミュニティ』は『グランドアメニティ』と合併し、大きく受託戸数を伸ばしました。

流れを詳しく解説

このページの先頭へ