045-222-8623

03-6279-1537

イダケンとは何者なのか

マンション管理士イダケンとは何者なのか。
ではその辺り、軽く自己紹介を。

名前は井田健、通称イダケン。子供のときからこのあだ名。
北海道生まれの現在45歳。身長189cmの大男。

マンション管理士になったのは、それが自分の天職だと思ったから。
要するに、「自信があったから」というわけです。

「自分ならできるんじゃないか。できるはずだ。」
私なりに信じる根拠があったので、この世界にやって来ました。

かつては管理会社の社員でした

それまでイダケンはマンションの管理会社にいました。
正直言えば、志を持って入社したわけではありません。
「楽そうだから入った」、ただそれだけだったんです 。

でもまぁ色々ありまして、気付いたときは仕事に打ち込んでいました。
自分が頑張らないといけない環境だったので。頼れる人間は周りにいませんでした。

「仕事にのめり込んでいた」、というのは少し大げさでしょうか。
でもそれに近い感じではありました。頑張ってました、ホント。いい仕事できたと思っています。

だからマンション管理士という資格が創設されたときは「これだ!」と思いました。
これはチャンスだ!ワクワクしました。 自分のためにできた資格じゃないだろうか、って。

管理会社社員としての今までの経験がそのまま活きて、なおかつ(素晴らしいことに)会社の論理に縛られずに思う存分に仕事ができる。 自分の理想を、追えるポジションに行ける。それって働く男の夢でしょう?

この資格がそこまで連れていってくれる!

そしてこの世界へ

周りはみんな、この資格は儲からないとか、それどころか食えないとかさんざん言ってくれました。 もちろん不安はありました。でも自信もあったんです。

自分は大丈夫じゃないかって。
自分は他の人間とは違うんじゃないかって。
だって管理会社時代に相当鍛えられたつもりなので。

当時いた会社では、結構な地位と充分な給料をもらっていました。
もちろん嫌なことはいくらもありました。でも決してこの資格に逃げてきたわけではないつもりです。

試験に合格しただけのペーパー管理士や、どこまでやる気があるのか怪しいセミリタイア組が多いこの業界で、 自分はたぶん何かを成し遂げることができる、
そんな期待を原動力に、前だけ向いて走ってきました。

まだまだ小さいこの業界で、大活躍してやりたいです。
「あの人は他のマンション管理士より腕がいいねぇ。」
そんな風に褒めてもらいたいし、感謝されたいし、お金だって稼ぎたいし、「俺っていい仕事してるよなぁ」といつも自信を持っていたい。

そんなことが全部この資格でできるかもしれないと思ったら、
もういても立ってもいられなかったというわけで。

神奈川県在住、井田健。通称イダケン。
現在の職業はマンション管理士。 情熱、経験、志、たぶんけっこう上のほう。

大人になってからの夢を叶えた男の目に映るのは、ただ己の理想のみ。
さぁ、今日も仕事です。

井田 健

井田健(いだたけし)。 昭和46年8月生まれ、北海道札幌市出身、現在は神奈川県在住。 イダケンは幼い頃からのあだ名。

マンション管理士、管理業務主任者、宅地建物取引主任者、NPO法人住宅情報ネットワーク専門相談員。


このページの先頭へ